スロット・パチンコ解析マニア

ちょんぼりすたのサブ的なサイト。よりマニアックな解析や個人的な所感などをお伝えしていきます。

パチスロモンスターハンター狂竜戦線|設定判別・設定差のある要素!まだ解析で出ていない部分の考察も

      2017/01/07

モンハン狂竜戦線・TOP画像

モンスターハンター狂竜戦線の設定判別

エンターライズの新台スロット「モンスターハンター狂竜戦線」の設定判別について。現状明らかになっている解析はもちろんの事、実践挙動や過去機種の傾向から予想なども交えて紹介していきます。

基本スペック

設定 ボーナス ART 機械割
設定1 1/140 1/444 97.5%
設定2 1/404 98.6%
設定3 1/404 100.6%
設定4 1/321 103.8%
設定5 1/319 107.6%
設定6 1/129 1/204 112.2%

設定別の特徴で見ると、ボーナス確率は設定6のみ優遇。ただし、1/140と1/130くらいの差なので数千G単位ではほとんどアテになりません。注目はART確率。設定1と6とでは2倍以上の差があるのでART初当たりの多い台を選ぶようにしましょう。

現状では設定差のある要素がまだ解析として出ていないので以下に設定差があるであろう要素を紹介していきます。参考にして下さい。

ART直撃

ボーナスからの当選がARTへのメインルートですが、実践上ARTの直撃を確認。

ART確率に設定差が大きい事からも直撃確率に大きな設定差が儲けられている可能性が高いと考えています。

なお、ART直撃の際の挙動は「トレニャー演出経由」か「ゴアフェイス役物」から当選

通常は10Gほどで終わるトレニャー演出が30G以上続けばチャンス!?

連続演出成功の際はボーナスとなっています。

討伐パート

同一モンスターの連続は高設定確定示唆演出。

前作を考慮すると56確定でもおかしくはない!?

ボーナス or ART終了画面

エンターライズと言えば終了画面の「Congratulations」や「エンタライオン」が非常に有名ですね。ART終了画面でチャンスボタンをプッシュして1枚絵を必ず確認しておきましょう。

モンハンコングラ

モンハンエンタライオン

  • 全員集合(congratulations)…設定56濃厚

その他珍しいパターンは高設定示唆!?仲間キャラの種類で設定示唆していると思われるので詳細が分かり次第お伝えしていきます。

設定差のある小役

設定 スイカ(実践値)
設定1 1/135
設定2
設定3
設定4
設定5
設定6 1/100

実践上ですがスイカ出現率に大きな差があったのでカウントしておいて損はないでしょう。

ART中のハズレ

設定 ART中のハズレ(実践値)
設定1 1/200
設定2
設定3
設定4
設定5
設定6 1/150

上記は実践値ですがART中のハズレ出現率に大きな開きが見られた。CTと混同しないよう注意。

CTの出目

※上記がCTの出目

CT後は必ずベルかチェリーが揃う。

以上、モンスターハンター狂竜戦線の設定判別のご紹介でした。今後も新しい解析が分かりましたら随時追加していきます。

※ちょんぼりすたから当ページへ飛んできた場合はブラウザの「BACK」ボタンで戻ると途中から見る事が出来ます。

 - 未分類